変動金利のデメリット


お金04

住宅ローンを組み立てるにあたり変動金利か固定金利のどちらかを選択する事になるかと思いますが、これらの金利タイプにはそれぞれ違ったメリットとデメリットが存在します。

状況次第ではどちらの金利タイプを選択するかによって返済額が大きく変わり、将来的に支払う住宅ローンの返済額に大きな違いが表れるそうです。変動金利型の住宅ローンは返済額を大きく減らす事が出来る事が出来るというメリットがありますが、その代わり多くのデメリットがあることは意外と知られていないそうです。

果たして変動金利のデメリットとは一体どのようなものなのでしょうか。

変動金利型の住宅ローンのデメリットは何といっても金利上昇による返済額の上昇が起こりやすいという点にあります。

金利は下がるばかりではなく上昇することもあるので、仮に大幅に金利が上昇してしまった場合は住宅ローンの金利も上昇して返済額が上昇してしまう可能性があります。

そして金利の上下は完璧に予想できるものでもないので常に金利上昇による返済額の上昇と言うリスクを背負い続けなければならなくなります。そのため返済計画も立てにくく未払い利息が発生することもあったりと何かとトラブルが起きやすいので現在の金利が安いからと安易に飛びつくのはあまりに危険です。

コメントは受け付けていません。