住宅ローンの金利の種類


お金04

マイホームを購入するときはとにかく多くの予算が必要となってきますが、大抵の人は一度の支払いでマイホームを購入することは出来ません。

そのため住宅ローンを銀行などで組み立てる必要が出てくるわけですが、この時住宅ローンの金利のタイプをどうするかによって返済額に大きな変化が表れるといいます。住宅ローンの金利タイプは変動金利タイプと固定金利タイプのどちらかを選ぶ事になるかと思いますが、この二つの金利タイプはどのような違いがあるのでしょうか。

住宅ローンの金利のうち変動金利は月々で変化する金利を元に返済額が設定されます。そのため金利が高くなればその分返済額は増加し、金利が低くなれば返済額は減少するので、上手い具合に金利が下がり続ければ返済額を大きく抑える事が出来るでしょう。

対して固定金利は契約期間の間ずっと金利は変わらないので、大きく返済額が減ることはありませんが、逆に増えることも無いので、安定して住宅ローンを返済する事が出来るでしょう。

どちらも良い点と悪い点両方あるのでどちらが優れているとはいえませんが、契約する際の国の情勢などを考えてどちらのほうがお得か良く考えて選ぶようにすればきっとお得に住宅ローンを返済する事が出来るようになるでしょう。

コメントは受け付けていません。