金利の動きから変動金利にするか決める


お金04

憧れのマイホームをいざ購入しようとした時どの金利タイプの住宅ローンにすれば良いのか分からないという方も多いのではないかと思いますが、実際のところ住宅ローンの金利タイプはそれぞれ一長一短あるので一概にどれが一番良いとは言い切れないといいます。

そのため現在の金利の状態からどの金利タイプの住宅ローンにするか選ぶと言う方もいるそうですが、仮に変動金利を選んだほうが良いと考えられる金利の動きとはどのような状態なのでしょうか。

変動金利型の住宅ローンは金利が下がれば下がるだけ返済額も減少するので、変動金利型の住宅ローンを借りたい時は当然金利が下がり続けそうなタイミングで借りるのが一番です。

金利が下がると思われるタイミングといえばデフレ時期など景気があまり良くない時とされていますが時には金融緩和によって金利が大幅に引き下げられるなど、様々な要因で大幅に増減することもありえるのでこれから先の金利の変動の見通しを立てる事が出来る人は恐らくいないでしょう。

変動金利型の住宅ローンを借りる場合このリスクはどうすることも出来ないので住宅ローンを組み立てる際は最後までどの切タイプを選ぶか良く考えるようにしてください。

コメントは受け付けていません。